国内ニュース

金曜ロードSHOW!5作品には初の京アニ、ジブリはトトロも!

テレビ

5週連続「金曜ロードSHOW!」の内容は・・・

映画館でもジブリはおすすめ!

SNSの反応まとめ

詳しく解説していきます。

金曜ロードSHOW!の内容は・・・

夏といえばいろんな楽しみが思い浮かぶと思いますが今年も夏の「金曜ロードショー」の発表がされました。

7月31日から5週連続で放送されるとのことです。

気になる放送内容は↓↓

7月31日放送 聲の形(こえのかたち)

公開日:2016年9月17日

主題歌:aiko「恋をしたのは」

映像は「けいおん!」などの大ヒットアニメを制作した京都アニメーションが担当しています。

京都アニメーションの映像は独特な雰囲気や温かみが感じられ、色彩もキレイで個人的にとても好きです。

よく知っているジブリ等の映画を観るのもいいですが全く知らない映画を観るのは新鮮さがあるのでこの機会にほかの作品もたくさん放送してほしいと思いました。

あらすじ↓

“退屈すること”を何よりも嫌う少年、石田将也。ガキ大将だった小学生の彼は、転校生の少女、西宮硝子へ無邪気な好奇心を持つ。彼女が来たことを期に、少年は退屈から解放された日々を手に入れた。しかし、硝子とのある出来事がきっかけで将也は周囲から孤立してしまう。やがて五年の時を経て、別々の場所で高校生へと成長したふたり。“ある出来事”以来、固く心を閉ざしていた将也は硝子の元を訪れる。これはひとりの少年が、少女を、周りの人たちを、そして自分を受け入れようとする物語――。

引用:https://www.animatetimes.com

8月7日放送 打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

公開日:2017年8月18日

主題歌:DAOKO、米津玄師「打ち上げ花火」

もともとは1993年に放送されたドラマ作品をアニメ映画にリメイクしたもの。

総監督は「化物語」や「魔法少女まどか☆マギカ」などヒット作品を手掛けた新房昭之さんが担当しました。

声優は(及川なずな)広瀬すずさん、(島田典道)菅田将暉さんの俳優の二人と(安雲雄介)宮野真守さん、(稔)梶祐貴さん、(光石先生)櫻井孝宏さんなど声優側も豪華なところも見どころです。

実力派の俳優の二人が声だけでどんな演技を見せてくれるのか楽しみですね。

あらすじ↓

夏休み、とある海辺の町。花火大会をまえに、「打ち上げ花火は横からみたら丸いのか?平べったいのか?」で盛り上がるクラスメイト。そんななか、典道が想いを寄せるなずなは母親の再婚が決まり転校することになった。「かけおち、しよ」なずなは典道を誘い、町から逃げ出そうとするのだが、母親に連れ戻されてしまう。それを見ているだけで助けられなかった典道。「もしも、あのとき俺が…」なずなを救えなかった典道は、もどかしさからなずなが海で拾った不思議な玉を投げつける。すると、いつのまにか、連れ戻される前まで時間が巻き戻されていた…。何度も繰り返される一日の果てに、なずなと典道がたどり着く運命は?

引用:https://www.animatetimes.com

 

次の週からジブリ作品が3週連続で放送されます。

8月14日放送 となりのトトロ

ジブリのトップバッターは「となりのトトロ」。

公開日:1988年4月16日

監督:宮崎駿

かなり前の作品ですが、ジブリの代表作の一つとして長く愛されています。

となりのトトロには多くの都市伝説があり、影がなくなっているという話もありますが、影の長さを使って時間を表すなど細部にこだわった描写をしているようです。

影がないときは太陽がちょうど真上の正午ということですね。

言われてみないと気づかないような発見がいくつもあるので観るたびに驚かされます。

何年か見ていないという人も子供の頃と大人になってから観るのとでは違う捉えかたをするかもしれないですね。

8月21日放送 コクリコ坂から

公開日:2011年7月16日

監督:宮崎吾朗

声優は(松崎海)長澤まさみさん、(風間俊)岡田准一さん、(徳丸理事長)香川照之さんなど俳優が声の担当をしています。

長澤まさみさんや香川照之さんは表現力がとても高くいろんなドラマ作品に出演していますが、アニメではどんなふうに仕上がっているのでしょうか。

コクリコ坂は原作がありもともとは少女漫画の「なかよし」にて連載されていたものですが、主人公や重要人物の名前は変更されているようです。

8月28日放送 借りぐらしのアリエッティ

公開日:2010年7月17日

監督:米林宏昌

メアリー・ノートンさんの「床下の小人たち」を原作としており、監督は米林さんですが、宮崎駿さんや鈴木敏夫プロデューサーのアイディアも詰まった作品です。

声優は(アリエッティ)志田未来、(翔)神木隆之介

神木隆之介さんといえば千と千尋の神隠しでは坊を、ハウルの動く城ではマルクルを演じるなどジブリ作品では欠かせない役を務められています。

何度もジブリに起用されるのは彼の演技力が認められているということなんでしょうね。

今回のジブリ作品はそれぞれ違う監督が担当しているので毎週監督によって違うこだわりやメッセージを受けたりと作品の雰囲気もより楽しめるのではないでしょうか。

SNSの反応

実は、京都アニメーションの映画が金曜ロードSHOW!で放送されるのは今回がはじめてのようです。

「聲の形」は君の名は。と同時期に公開されたため埋もれてしまいましたが、何回観ても感動する作品で、今回のテレビ放映では多くの人に認知してほしいというコメントが目立ちました。

映画館でも

映画

引用:https://pixabay.com

すでに劇場に足を運んだ人もいるかと思いますが、6月26日からすでに映画館にて「ゲド戦記」「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」「風の谷のナウシカ」の計4作品の放映がされています。

放映終了日はまだ発表されていません。

映画館には、今回放映されていない作品のグッズも販売されていました。

また、座席の間隔を空けるなどスタッフの呼びかけも徹底しているので安心して映画を楽しむことができます。

テレビでジブリを観るのもいいですが、一生に一度の機会かもしれないので映画館でジブリの世界観に触れてみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回の放送される映画は監督や、制作会社、声優さんどれを取っても魅力的な作品だと思いました。

また、金曜ロードSHOW!で放送されるので可能性は薄れたかもしれませんが第2弾があったらとなりのトトロも映画館で放映されないか期待しています。